Japanese sake cover image.jpg

How to choose:
Sake or Shochu?

日本酒焼酎梅酒どのタイプがお好きですか?

この専用ページでは、各タイプのアルコールの違いについて

簡単にご紹介いたします。

 

HISeMallでは、あなたとあなたの愛する人に最高の『日本のもの』をお届けします。

好きな日本酒、焼酎、梅酒を今すぐ各セクションで見つけて買い物しましょう!

Japanese Sake

Lined Circle
sake pic.jpg

ひとくちに日本酒といっても原料や製法の違いによって、いくつかの種類に分類されます。

よく耳にされる「大吟醸 」「 吟醸 」は、

製法による分類。

「 純米酒 」「 本醸造酒」は、原料による分類です。

又、「 吟醸酒 」「 純米酒 」「 本醸造酒」などの

高級酒は特定名称酒と呼ばれ、

さらに細かく分類する事ができます。

 

純米とは?

Junmai(純米)日本語を意味する「純粋米」は、糖またはアルコールなどの添加剤なし醸造酒を指します。これらの形態は、より豊かで、より酸性で、比較的甘くない傾向があります。

 

純米以外の日本酒は、主に飲み物の全体的な味のバランスをとるためにアルコールで作られています。これらは酸味が低い傾向があるため、より滑らかで軽く、後味がより芳香的になる傾向があります。

一般的なタイプは次のとおりです。

 

  • 純米大吟醸: 原料には精米歩合50%以下の米と米麹、水のみを使用します。
    純米ならではの米の旨味とコク、吟醸造りが生み出す吟醸香が調和された日本酒が、純米大吟醸酒です。

 

  • 純米吟醸:白米60%、冷やしてお召し上がりいただけます。
    飲みやすく、軽くフルーティーで複雑な味わいです。
    吟醸系と相性の良い料理:お刺身、カルパッチョ、魚の塩焼き、山菜の天ぷらなど

 

日本酒の種類

sake rice polish chart.JPG
  • 特別純米:原料は純米酒と同じく米・米麹で、精米歩合が60%以下、
    または特別な醸造方法で造られている、香味・色沢が特に良好な日本酒です。

 

  • 純米「純米酒」は、米・米こうじ・水を原料に製造し、醸造アルコールは使用しない酒です。 「本醸造酒」は、3割以上精白(精米歩合70%以下に)した白米を原料に用いて造ります。
    純米系と相性の良い料理
    : 煮物料理、肴の煮つけ、肉料理、野菜炒め、グラタンなど

 

  • 特别本醸造4割以上(精米歩合60%以下)に削った白米を用いており、
    味のバランスを整えるために用いる醸造アルコールの添加量は、
    原料に用いる白米の総重量の10%未満と、普通酒に比べ少ない量となっています。

  • 本醸造純米酒に近い香りと風味を持ち、しかも純米よりも淡麗でまろやかな日本酒です。 
    米の外側を3割以上(精米歩合70%以下)に削った白米を原料に用いて造ります。
    本醸造系と相性の良い料理
    :冷奴、カルパチョ、茶碗蒸し、鮎の塩焼き、ロールキャベツなど

Some of the more special types:

  • Namazake (生酒): Unpasteurized sake. Has a fresher taste & fruitier aroma. Read up more on our blog post here.

  • Genshu (原酒): Undiluted sake. Alcohol level ranges between 17 - 18%, but low alcohol levels do exist. Intense flavours & aroma, typically drier or very sweet & fruity.

  • Nigori (にごり酒): Unfiltered sake. Known as "Cloudy Sake" due to leftover rice particles in the brew, texture ranges from thick & creamy to light & misty. Served chilled & remember to shake well before serving.

Shochu

 

焼酎は(焼酎)日本で広く消費焼酎飲料です。

米を中心とした日本酒とは異なり、

お米のほかにも、さつまいも、大麦、そば、

時にはとうもろこしなどの具材で焼酎が作れます!

 

この酒類はもともと九州地方で作られていましたが、

現在では日本のほとんどの地域で生産されています。

焼酎の平均アルコール度数は約25〜40%ですが、

スパークリングバージョンは8%前後まで

低くなることもあります。

 

Lined Circle
japanese shochu.jpg

焼酎の飲み方

ストレートは、蒸留飲料の本当の味を体験するための最良の方法です。

さまざまな温度で飲んでみて、味がどのように変化するかを確認してください!

 

オンザロックも焼酎の人気の楽しみ方です!お好みの焼酎を氷を入れたグラスに注ぎます。氷が溶けると焼酎ならではの甘い香りが広がります。

 

水割りお湯は、焼酎に3:2(焼酎:水)の

冷水またはお湯を入れるだけで作れます!

水割りの場合は焼酎を先に入れ、お湯割の場合はお湯を先に入れて混ぜやすくします。

 

ソーダ割が、それは完全に非常にさわやかなドリンク作り、

焼酎の味を変えるよう焼酎を飲む興味深い方法です!

さわやかな味わいを高めるために、レモン等を絞ることができます。

焼酎の種類

shochu ingredients.png

一般的なタイプは次のとおりです。

 

  • さつまいもを使った芋焼酎は、ふっくらとした香りとやわらかな甘みが特徴です。これは脂肪の多い揚げ物と一緒に楽しむのが一番です。

 

  • 麦焼酎(麦焼酎)大麦から作られ、光クリーン&マイルドな味を持っています。飲みやすく、燻製やグリル料理によく合います。

 

  • 米で作った米焼酎は、日本酒に似た香りでやや濃厚な味わいです。一般的に、ほとんどの料理、特に刺身や丼物などのご飯によく合います。

 

  • 黒糖焼酎は黒糖を使用しており、すっきりとした辛口の味わいで、ほんのり香ばしい味わいです。その甘さは焼き鳥などの甘めの料理によく合います。

 

  • そばを使ったそば焼酎は、甘くフルーティーな香りが残ります。麦焼酎よりややマイルドな味わいで、お肉やシーフードとの相性も抜群です。

 

  • 紫蘇焼酎は、香ばしい紫蘇の葉から作られ、葉の心地よい香りとやわらかな味わいが特徴です。食事の前後に飲むのが一番です。

 

  • 長粒インディカ米から作られた泡盛は、(泡盛)、沖縄からの土着&ユニークな飲料です。ウミぶどうや東風代などの郷土料理との相性も抜群で、大胆な味わいで肉料理やクリーミーな料理との相性も抜群です。

 

Umeshu

 
Lined Circle
umeshu top.jpg

プラムワインとも呼ばれる梅酒は、

甘酸っぱい味わいとフルーティーな香りで知られる

伝統的なリキュールで、多くの人に愛されています。

梅酒の主な材料は、

梅酒、アルコール(焼酎/白リキュール)、砂糖です。

 

実際、梅酒はご自宅で簡単に作ることができます。

お好みのアルコールに梅酒と砂糖を混ぜて、

辛抱強く待つだけです。

梅酒の賞味期限がないので、

何年も漬け込んでいるのも不思議ではありません!

梅酒の平均アルコール度数は約10〜15%です。

梅酒の楽しみ方

ストレートで梅酒本来の味をお楽しみいただけます!

あなたは甘い飲み物にしている場合は梅酒の厚い、

甘い香りがあなたの口蓋に残るように、これは間違いなくあなたの本になります。

 

オンザロックは、氷が溶けるにつれて梅酒の甘く滑らかな香りが広がるので、

梅酒を飲むのに人気のある方法の1つです。

別のテクスチャに砕いた氷を使用することも検討できます。

 

ウーロン茶割は、梅酒にウーロン茶を入れるだけで、

ウーロン茶のほのかな苦みの奥に、梅酒特有のふんわりとした甘さがマッチします。

炭酸水がきらめく感覚で梅酒の味わいを引き立てるソーダ

ソーダのシュワシュワを逃さないためにも、

梅酒を入れたグラスにたっぷりの氷の上から、

その氷を通して少しずつソーダを入れてください。

 

梅酒のその他のユニークな楽しみ方には

カルピスを使ったカクテル、アイスクリームに注いだ、

氷点下で提供される日本酒を指す「みぞれ」のような冷凍状態があります。

本格梅酒

本格梅酒は、多くの場合、実際の梅を使用して製造された梅酒のボトルに印刷されます。そのような文言がないものは、通常、梅の香りと味に似た食品添加物で作られている可能性があるので、購入する際には注意が必要です。

umeshu.jpg

Japanese Wine

Unknown to most, Japanese wineries have been hidden from plain view near Tokyo for almost 140 years before expanding to 300 wineries nationwide across Japan! 

While there are wineries around Japan, major producers are located in Yamanashi, Hokkaido, Nagano, Niigata & Yamagata prefectures with the grape variety unique to each region due to the weather conditions.

Lined Circle
japanese wine.jpg
 

Types of Japanese Wine Grapes

Common hybrids include:

  • Koshu (Yamanashi) Highly valued by many foreign countries, this white grape is known to be a hybrid of Europe's Vitis Vinifera & its East Asian Vitis species. Wine made from this grape is usually pleasantly acidic & fruity with notes of citrus but leaves a slightly bitter aftertaste perfect for pairing with Japanese cuisines.

  • Muscat Bailey A (Niigata) Cultivated in 1927 by Zenbei Kawakami, the founder of Iwanohara Vineyard, this deep pink-skinned grape is a hybrid between Vinifera Muscat Hamburg & Labrusca Bailey. One of the most popular hybrid grape types due to the wide wine ranges, you can make a light wine or oak-barrel-aged wine from this!

  • Yama Sauvignon (Yamagata) This particular hybrid between the Yama Budou (Mountain Grapes) & Cabernet Sauvignon has resulted in a strong distinct full-bodied wine with the deep red colour & earthiness coming from the Yama Budou genes.